ロンドン-東京プロパティ English
English

英国生活ガイド

 
20.ロンドンでの家・フラット購入のアドバイス

ロンドンでのお住まいや投資の為の購入物件をお探しのお客様は、長年の経験と実績のあるロンドン−東京プロパティーサービスにぜひご相談下さい。ベイカーストリート支店、またはハムステッド本社で日本人スタッフが親身になってお話を伺い、適切なアドバイスをいたします。お客様がご希望される場合は、弊社の顧問弁護士、会計士がご相談にのり、お手伝いいたします。

不動産の所有形態は、郊外型のフリーホールド物件(自由保有権)と都心に多いリースホールド物件(定期賃貸権)に分かれます。

フリーホールド

日本と同じく永久的に土地、建物の所有権がオーナーに所属します。

リースホールド 土地、建物のフリーホールド権を個人や法人が所有しており、その物件を一定期間のリースで販売することです(100年前後が普通です)。

物件を探し始めてからオファーし契約が完了するまで、最低3ヶ月から長くて1年位かかりますので、英国で物件を買う場合はかなり忍耐強くなければなりません。

※各種費用は、弁護士事務所の大小、物件のサイズ、場所、時間のかかり方などで異なります。

前のページ 次のページ